calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

■ アロイ萌え〜♪

0

    ナイキの靴底にセンサーを仕込んでワークアウトをデータ化したくて買った「iPod Touch」ですが、画面が大きく 写真やビデオ観賞もこれまで以上に楽しめるっていうオマケもついてきました。

    それまで使っていた iPodクラシックと比べれば 画面の大きさは倍以上ですから毛穴まで見えちゃう筈 !!

    だったのですが…

    これまでに取り込んできた それ用の解像度の低いビデオデータを このiPod Touchで見ると当然画質は粗くモヤモヤ感が募ります。


    ので、意を決してデータ すべて取り込み直しです。

    気づけば子ども達が手にとって「漢字力診断」なんかで遊んでいるボクのiPodですから、吉沢明歩北川瞳の動画はモチロンありません。
    基本 PORSCHE です(基本です AKBはあります *^v^*)

    でも残念なことに 「これは永久保存版だ」と感銘を受け 以前に取り込んだデータのうち幾つかは 今アクセスすると 既に P社のサイトから落ちていたりしました。
    アーカイブとしてゼーンブは残しておいてくれないのね…。

    逆に 新作も沢山ありました。

    アロイ萌え〜♪には堪らない 3分26秒 貼っておきます。

    20110520







    ■ スピードスターマガジン 3

    0

      20110409

      第3号発売です q=(^0^)=p

      表紙しか未だ見ていませんが・・・・

      「964カレラRS3.6」とか…「RSRレプリカ」とか…

      一応「ガレージライフ スピードスター58 & ロードスター59」って記事もあるようだけど…

      そうだよなぁ…別に「356マガジン」じゃないモンなぁ…

      見ぬうちから悲観的になる必要はないんだけど…ちょっと心配だぁ…356のシェア減っていたらどうしよう…?

      最初から最後まで356でビッシリがイイナぁ…

      と 「356Registry」を手放したヤツが言ったりしていますが・・・・

      第3号!! 期待しています ワクワク。






      ■ PORSCHE on Movies

      0

        有名どころはトップガンだったり 48時間のエディーマーフィーだったりするけれど、
        1番好きなのは レッドフォードの「スパイゲーム」での911。
        ストーリー的に最後の最後 スカッとするところで登場するから格好良さと残る印象は格段。

        マイケル Jフォックスも乗っていたし もちろん「栄光のルマン」も

        え〜っと あと ポルシェが登場する映画ってなにがあったかなぁ…と ポチポチ サイト巡りをしていたら こんなページに出くわし さぁ 大変。みんな観なきゃ (^^)

        こんなページ → http://imcdb.org/vehicles_make-Porsche_model-356+Speedster.html

        20110408

        TVシリーズまで挙げられちゃ 追いつきません。

        それよりも 嬉しくなっちゃたのは「これは何年型だ」他「あーだこーだ」小さい画面を見ながら それを特定してどうする? 的 どんどん書き込まれる ノリは万国共通なコメント(^^)。







        ■ 今日はどのポルシェで行こう !?

        0

          さぁ 今日はどの356で行こう !?

          たまには クーペで1500GS Carrera GT でもイイし、

          あ、GSGTだったらイエローのスピードスターもあったな。

          550RS Spyder もたまには走らせてやりたいし、

          America Roadsterでのんびり出掛けるのも悪くない。


          これまでのファステストラップは 実は1100 カブリオレなんだよな。


          さぁ 今日はどの356で行こう !?

          http://m.porsche.co.jp/pc/special/api/typingRace/index.html

          20110326





          ■ 電気ボクスター

          0

            20110215

            ボクスターをベースにしたEVプロトタイプを発表。

            240馬力、最高速度170マイル、0→60mphは5.3秒

            ・・・・・

            そんなんは エエねん。

            乗った感じはどうなのさ !?



            ■ スピードスターマガジン 第2号

            0


              20110128

              「1月8日にオーダーした speedster magazine が未だ届かないっすけど…」
              とメールを打ち帰宅すると

              …届いていました Vol.2 q=(^0^)=p

              封筒の消印を見ると 20日。
              投函から到着まで1週間→許す。
              20日に投函ってことは受注から発送まで12日間 !?
              これが許せんなぁ(^^)。

              amazone や アスクルに慣れちゃっているとは言え ちょっと時間かかり過ぎだろう

              という怒りは 無事に到着したという安堵感と
              表紙を飾るカエル色の911の格好良さで帳消しとなり 独りニヤニヤ( ̄∀ ̄)。


              創刊号の内容が充実しまくっていたので 第2号に載せるネタはあるのかと愁いていましたが 余計な心配でした。

              あんな記事やこんな記事など もう 356やナロー好きには最高の1冊になっています(内容を細かく書いちゃうとお楽しみが減っちゃいますのでやめます ^^)が、記事に登場するポルシェ356やナローポルシェは いずれも今まで見た事のない個体が多く興味津津。

              20110128a

              ちょっとした記事にでているパーツやグッズも然り。
              小さい写真にも これまで見たこともないタイヤを履いているのが居たり、格好イイワンオフパーツを発見したり、さらには広告にあるイベントも初めて知るものも多いし、とにかく1粒で2度も3度も美味しい。

              そもそも アウトローな356や911が多く掲載されているってのが高感度大、356や911を本当に好きなアンタが作ってるね ってのがシッカリと伝わってきます。

              この「アウトロー」って言葉は「道を外しちゃっている」的なイメージが一般的だけど、この誌面で見る限り「わが道を行く」って訳が正しいだろうなってことに改めて気付かされるほど 筋の通った人達を多く登場させるスタンスも好き。

              20110128d

              日本での代理店も決まり (^v^)b 安定供給が見込まれます。
              第3号は4月9日発売。春よ来い 早く来い (^^)



              ■ MARTINI RACING

              0


                ホビダス ショッピングサイトに

                20101201

                こんなのや

                20101201a

                こんなのや

                20101201b

                こんなのが売りに出ていて もー大変!! 356物欲堂本舗状態(^^)

                しかも ポルシェデザインとのコラボと違い お値段がお優しいので 我慢する自信はありません。12月にTシャツ 買いそうです(^^)。

                MARTINI と言えば 「ランチャではなくポルシェ」の世代です。

                そして PORSCHE と言えば ガルフでもなくロスマンズでもなくポルシェ「クジラ」935の世代です。

                20101201c

                356とは直接関係のないMARTINIですが タミヤ模型のシルエットフォミュラーが買えず イマイのビートルでガマンした小学生でしたから(^^) 憧れも一入(^^)。

                20101201d

                ホントのホントはシルバーボディーの方が好きだったので 霜降りTシャツの方がイイ。*このR 格好良かったなぁ。

                20101201e

                サンタに手紙書こ(^^)











                ■ 続 スピードスターマガジン

                0

                  11月9日、長男坊 12歳の誕生日。


                  20101110

                  幼稚園の頃は アロイを磨く事くらいしか出来なかった彼ですが、
                  数年前からは油温系の針が1目盛りあがるまでアクセルの上に足を添えておく事くらいは出来るようになりました。

                  来年からは中学生、技術の授業でしっかりと学び 夏の自由研究で 356の配線引き直しくらいはやってくれる事を信じています(^^)。


                  そんな日くらいは早く帰って祝おうと 帰り道にクラッカーを買い込んで家路につきました。

                  玄関を開け、パーンとクラッカーの紐を引く前に目に入ってしまったのがコレ

                  20101110a

                  スピードスターマガジーン ♪ 無事到着です。 ウハウハ (^^)

                  「おめでとう!」と息子の顔を見る前に スピードスターマガジンを開いてしまいました。

                  “スピードスター”マガジンですが、内容はクラシックポルシェ全般に亘り 多くの人が楽しめる内容となっています。

                  20101110b

                  詳細を語ってしまうと 未読のかたのお楽しみが減りますので止めておきます。

                  1番のニュースは どうやら定期発行されるでしょう!! ってことです。
                  「次号は2011年1月発売」とありました q=(^0^)=p

                  20101110c

                  どうでもよくないニュースは・・・

                  1冊しか届かなかった事…です。

                  20冊オーダーして、20冊分チャージされたんだけど・・・

                  プルダウンメニューに「20」ってのが なかったので 「数量1」を20回オーダーしたんだけど…1冊ずつ届くのかなぁ・・・

                  7.5ユーロの雑誌に 4.3ユーロも送料かけちゃってますけど 大丈夫かなぁ…

                  って言うか「あ、コイツ 間違いだな 20冊も買う訳ナイダロ」と・・・
                  「これにてオシマイ」となっている気がするなぁ・・・

                  フランス語でモンク言える方 大募集(^^)です。


                  ■ ポルシェを愛する100の理由 その4

                  0

                    クリストフォーラス巻末のコラムも大好きだ。

                    20101103

                    =====================

                    「地中海を目前に、突如として姿を現す広大なワインディングロード」

                    場所はスペインのマヨルカ島北部。

                    通称”ネクタイの結び目”と呼ばれるこのカーブは、ドライバーに高度なペダルコントロールを要求する難所として有名だ。

                    コーナーに差し掛かったら速やかにギアダウンし、次の瞬間すぐにブレーキペダルから足を離してステアリングを正確に切りながら一気に加速する。

                    激しく波打つコーナーでのライントレースの基本は、ジャストなタイミングでのステアリング操作。

                    それさえ意識していれば、自ずと流れるようなフットモーションが始まり、クルマは美しい弧を描き始めるはずだ。


                    =====================


                    はずだ (^^)



                    以前のクリストフォーラス日本語版は 「あぁ 絶対に日本人が翻訳していないだろうな」と思わせる外国航空会社の機内誌のような言葉選びが多かったかが もう この文書 サイコ(^^)。

                    凄く上手に走れた気分になってしまう。

                    また 行ってみたい場所が1つ増えました。「ネクタイの結び目」

                    20101103a

                    20101103b


                    ちなみに今号から ページのいたるところにQRコードがあり、
                    アクセスするとその記事の続きがマルチメディアコンテンツで楽しめる。

                    たとえば この「ネクタイの結び目」ページのQRコードにケータイをかざすと
                    元世界ラリー選手権王者 ワルダーロール氏直伝のコーナリングテクニックが視聴でき コーナー攻略のカギが得られる。

                    Yes! We Love PORSCHE!



                    「ネクタイの結び目」検索結果の写真、念のため 貼っておきます。お約束ですね。




















                    20101103c

                    あぁ HOOTERS…

                    ===========

                    ポルシェを愛する100の理由 その2



















                    ■ ポルシェを愛する100の理由 その3 クリストフォーラス

                    0

                      ポルシェ社が発行する情報誌「クリストフォーラス」が届いた。
                      (*スピードスターマガジンは未だ届かず ^^; )

                      20101102

                      巻頭特集は「パナメーラ パナマ横断の旅」

                      思わず「ととのいました」と言いたくなるくらいの語呂の良さ、とニンマリして読みすすむと

                      「パナマに挑むパナメーラ。パナメーラ・イン・パナマ 言葉遊びの余韻を口の中で弄びながら…」とある。

                      間違いない。
                      Panamera in Panama 語呂だけで決まった企画だ(^^)。
                      ヴァン ヘイレンを聴いていたはずだ(^^)。

                      このノリは…

                      国道356号線を356で走ろう!!」

                      って全国から集まる クラブ諸先輩方と同じだ(^^)。

                      やっている事や考えている事、世界中同じなんだろうなぁ。

                      Yes We Love PORSCHE !

                      こうしてますますポルシェが好きになっていくのだ
                      些細なことばかりだけど(^v^)

                      因みに記事によると ポルシェ社の販売台数は前年同月比の75%増だそうだ。

                      75%のプラス成長…コレはボクと同じではないなぁ…








                      | 1/8PAGES | >>